目次


本文

生体化学コース

生体化学コースの目的

生体化学コースは、生体関連分野を統合的に理解し、生体の恒常性やその仕組み、健康を維持するための創薬や疾病の診断治療、持続的社会を構築するバイオベースマテリアルなどを新たに生み出す開発力を養い、習得した知識や手法に基づいた発想や成果を、世界に発信できる能力を持つ人材の育成を目指しています。


教育の概要

生体化学コースは、生体を生物化学的に評価し保護していく立場から、生体分子や細胞の高度な機能を学び、遺伝子組み換え医薬などに携わる人材を輩出すべく教育を行います。このため、有機化学、物理化学、生物化学、高分子化学、工学基礎などの学科共通科目に加えて、医用材料化学、生体機能化学、分子生物学、創薬遺伝子工学などのコースに特有の授業を用意しています。


研究の概要


研究室の紹介

機能高分子化学研究室(門川研究室)
生物資源高分子化学研究室(門川・橋本研究室)

自然界には、核酸、タンパク質や糖鎖などの様々な巨大分子(生体分子)が存在していて、それぞれが特有の機能をもっています。この機能は、巨大分子の構造が 精密に制御されることによって発現していると考えられます。特に生体高分子が集合してナノスケールで規則正しい構造を持つことで、より高度な機能を有しています。

そこで、本研究室では生体高分子を有機資源として捉え、限りある化石資源を使用しない新しい材料開発の素材として利用することを考えています。特に、特に、これまでに利用方法が限られていた“多糖”に着目して、高機能な材料を合成しています。

例えば、多糖を他の人工高分子と結合させた材料を合成しナノスケールでの構造を制御することによって、新しい機能を有する多糖ナノ材料の創製を試みていま す。既に、アミロースと人工高分子が非共有結合で結合し規則正しいナノスケールでの構造を持った材料の合成を見いだしています。また、セルロースとアミ ロースを上手に組み合わせることで、水を安定に保持した材料(ゲル)が合成できることを見出しています。



生物機能分子研究室(橋本・橋口研究室)
分子生物工学研究室(杉村・伊東・橋口研究室)

生物は、単独ではなく、他の生物と相互作用することで生存しています。特に微生物は、ほとんど全ての生物と相互作用することで、共生、寄生等の複雑な関係を築いています。この相互作用は特定の生物機能を担う分子によって仲介されており、その分子機構の解明は新たな機能性分子開発の基礎となります。
 当研究室では、細菌、ウイルス、ファージ等を対象にして、微生物学、免疫学、分子生物学、生物化学、有機化学等の幅広い知識を駆使することで、生物機能を制御する分子を探索、創製し、医療材料、医薬品、機能性食品等として応用するための研究を行っています。
【研究テーマ】

  • 生物機能分子の探索
  • 分子間相互作用機構の解明
  • アレルギー、腫瘍、感染等による疾患を改善する医薬分子の創成

【教育担当】
生物学基礎、生物化学、分子生物学、微生物学


生体分子コンジュゲート研究室(隅田研究室)
生体分子コンジュゲート研究室(隅田研究室) 私たちの細胞の表面は、糖分子が繋がって出来ている糖鎖で覆われていると言っても過言ではありません。それら糖鎖は、細胞同士の認識や情報伝達など生体を維持するために必須の役割を演じていますが、一方でウイルスやバクテリアの感染にも深く関係しています。また、細胞が癌化すると細胞表面に「癌関連糖鎖抗原」が現れるので、それをマーカーとした癌の早期発見のための検査診断法が開発されています。私たちは、有機化学と生化学に基づき、糖鎖の機能を分子レベ ルで解析し、さらにナノテクノロジーを組み合わせて新しい検査・診断法を創製する研究を行っています。

<代表的な研究テーマ>
●シュガーチップと糖鎖固定化ナノ粒子に関する研究
 新規な糖鎖−無機複合体材料の創製と医療用材料へ展開、糖鎖を利用した検査・診断システムの創製。
●糖鎖合成に関する研究
 硫酸化・シアル酸含有糖鎖の新規合成法の開発、糖鎖の高機能化。
●バクテリア細胞表層の高分子糖脂質に関する研究
 複合糖質による免疫システムの制御、免疫賦活能を有する新規複合糖質の探索。