目次


本文

教育・講義内容

教育の概要

化学生命工学科は、化学の知識を社会の繁栄と福利に役立てることにより、工学の持つ社会的使命を
果たすことを目標として、広範な視野と独創性を備え、積極性に富む人材の育成を目指しています。
本学科は、下記のように、応用化学・環境工学の分野を学ぶ「物質環境化学コース」と、生命化学・
製薬工学を学ぶ「生体化学コース」の2つの教育カリキュラムを編成し教育を実施しています。

2つの教育カリキュラム編成

講義の概要

化学生命工学科は、化学・生物分野の幅広い知識を身につけることを目的として多くの講義科目を
用意しています。講義は年次ごとに以下のように開講されます。

講義科目の流れ図も参考にしてください。

1年次、2年次(基礎知識の習得)

1年時は、高度な専門知識を学ぶ準備として基礎的な化学(学科教員担当)を学ぶとともに、数学・
物理・語学・人文社会等の鹿児島大学学生として必要な基礎知識(共通教育教員担当)を身につけます。

主な講義科目:有機化学基礎、物理化学基礎、微分積分学、物理学基礎

2年時には、有機系、物理系、生物系の専門的な化学の講義が始まります。これらは、学科教員によって
開講されており、幅広い専門知識の習得が可能です。また、卒業研究の基礎となる実験科目も開始されます。

主な講義科目:有機化学I, II, III、物理化学I, II、高分子化学、生体分子化学、化学生命工学実験

3年次(コース別講義)

卒業研究に向けて、より専門性の高い講義が開始されます。3年前期終了時に「物質環境化学コース」と
「生体化学コース」に分かれるため、コース別に専門分野の教育も受けます。またコース分けに伴い、
所属研究室も決まるため、卒業研究の準備として演習科目も開講されます。

物質環境化学コースでは、有用物質の創造や計測、環境分析や環境保全の技術開発に携わる人材を輩出
すべく教育を行います。

主な講義科目:有機工業化学、環境化学工学、界面科学、化学計測II

生体化学コースでは、生体を生物化学的に評価し保護していく立場から、生体分子や細胞の高度な機能を学び、遺伝子組み換え医薬などに携わる人材を輩出すべく教育を行います。

主な講義科目:生体分子計測学、分子生物学、医工学概論、微生物学

4年時(卒業研究)

所属研究室で専門分野の卒業研究をおこない、高度な専門知識、技術を身につけて技術者・研究者として人生を歩むための基礎的素養を習得します。多くの学生は大学院に進学し、さらに専門的な能力を磨きます。


標準履修課程表

平成29年度標準履修課程表

※別ウィンドウが開きます。


シラバス

専門科目のシラバスは工学部のシラバスページをご覧ください。

共通教育科目のシラバスは、共通教育ホームページをご覧ください。

※別ウィンドウが開きます。