目次


本文

JABEEへの取り組み

JABEE(日本技術者教育認定機構)対応教育プログラム


 JABEEとは大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、その要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、要求水準に達している教育プログラムを認定する専門教育認定制度です。
 JABEEで認定された学科を卒業すると、その修了者には技術士の一次試験免除の特例が適用され、技術士補の資格を有することになります。
 JABEEの要求する教育プログラムを満足するため、化学生命工学科のコース制教育は3年後期から開始します。
 JABEEで認定されたコースを卒業することで、卒業生の全員がJABEEの認定する技術者教育プログラムを修了したことになります。
  化学生命工学科の前身である応用化学工学科応用化学コースが平成18年度の審査によりJABEE認定を受けました。本学科においても平成23年度の審査で認定を受け、「化学および化学関連分野」の技術者教育プログラムの「応用化学コース」の量的ガイドラインを満たすように精選したカリキュラムを設定しています。

学習・教育到達目標


・教育理念・目的
 化学は物質変換の学問であり、有用物質の生産や分析・評価の基礎として重要であるとともに、また生命現象に関わる学問の基礎でもあります。 化学生命工学科では、このような化学の知識を役立てることにより、地球環境や生命との調和を図りつつ人類社会の持続的発展に寄与できる人材の育成を目指します。
 教育・研究の大要は、物理化学や有機化学などの一般化学と生命現象に関わる化学を基礎として学び、
新物質や機能材料、バイオテクノロジー、分析や化学計測、医薬や医用材料、環境保全やエネルギーなどの研究や技術開発を担うことができる能力を得ることです。また、世界的な視点および地域社会的な視点から、広範な視野と柔軟性をもって科学技術の発展に貢献できる研究者や技術者を育成することを目的としています。

 この目的を達成するために、化学生命工学科では以下の学習・教育到達目標を定めています。( )内に主なキーワードを示します。カリキュラムの編成に当っては、JABEEの提示している「化学および化学関連分野」の技術者教育プログラムの応用化学コースの量的ガイドライン(日本技術者教育認定基準)を参考にしています。

[A] 豊かな人間性と社会性による倫理観を備え、国際的視野のもと、自然・環境の摂理と諸科学の基礎知識を吸収して共生する能力を養成する。
[人類の共生](人間性、倫理観、基礎科学、人類と自然の共生)

[B] 数学、工学基礎や情報処理技術、そして化学工学に関する基礎知識と能力を養成する。
[基礎推進能力](工学基礎;情報技術、化学工学)

[C] 応用化学の、特に分子工学と材料化学の基礎知識を柔軟に駆使し、新材料やバイオ技術の創製と評価に生かせる継続的な創造能力を養成する。
[持続的成長](専門基礎と専門;分子工学、材料化学、バイオ技術、化学計測)

[D] 日常的・国際的コミュニケーション能力を養成する。
[コミュニケーション能力](プレゼンテーション、外国語、実用英語、文献検索・整理)

[E] フレッシュマンセミナー、学生実験、演習、卒業研究・講座ゼミ、学外実習・工場見学等を通じ、
与えられた要求に対して、知識・技術を駆使して総合的に判断し、実現可能な解決方法を提案できる
デザイン能力を養成する。
[総合的判断・デザイン能力](卒業研究、学外経験、地域問題、継続的学習能力)

学習・教育到達目標達成と評価方法

 学習・教育到達目標に沿い、本コースの履修課程表とその履修の流れが用意されています。目標達成の
ための案内と評価方法は、履修要項・学修案内またはWeb上のシラバスに記されています。

化学生命工学科の教員構成とカリキュラム

 化学生命工学科では、教員8名による物質環境化学コースと、教員7名による生体化学コースにより、上記教育到達目標のもと各コースの特色を活かした卒業論文指導を含む専門教育カリキュラムを行っています。

自己点検表テンプレート(化学生命工学科対象)

  簡易マニュアル
  自己点検表(ポートフォリオ)について
  自己点検表 表1(2011年以前入学)
  自己点検表 表1(2012年入学)
  自己点検表 表2

卒業・修了生アンケート

  ・卒業生からの意見
  ・各年度の卒業生によるアンケート回答
   ・平成17年度
   ・平成18年度
   ・平成19年度
   ・平成20年度
   ・平成21年度
   ・平成22年度
   ・平成23年度
   ・平成24年度
   ・平成25年度
   ・平成26年度
   ・平成27年度
   ・平成28年度

公開資料

  ・学習・教育到達目標とJABEE基準との対応
  ・学習・教育到達目標を達成するための授業課題の流れ