目次


本文

教員の活躍

    ・2016年 8月23日~25日 先端材料に関する顕著な研究により、International Association of Advanced
     Materials (IAAM)からIAAM Medal - 2016を受章し、バルト海クルーズ船上にて開催された学会
     European Advanced Materials Congressにおいて授賞式が行われました。

    授賞式の様子(左から2番目)          賞状とメダル  
    クリックで拡大
    ・2016年5月16日~18日 マレーシアの材料科学技術の発展への学術的な貢献が認められて、
     Institute of Materials, Malaysia(マレーシア材料学会)からRoyalty Awardを受賞しました。
     5月16日~18日に同学会主催で開催された国際会議International Materials Technology Conference
     & Exhibition(クアラルンプール)のBanquetにおいて以下の表彰状が授賞されました。
    クリックで拡大
    ・2010年7月15日、平成21年度セルロース学会にて、以下のタイトルで学会賞を受賞しました。
     「イオン液体との複合化によるセルロース及びその他の多糖からの新材料創製」

    ・2017年6月16日(金)および6月27日(火)の読売新聞 鹿児島県全域版の16面および29面に、
     研究に関するインタビュー記事が掲載されました。
     記事タイトル「日本のものづくりを支える材料化学工学 有機-無機ハイブリッド材料研究」
     
    (クリックで拡大)
     


    ・2016年度エクセレント・レクチャラー賞を受賞しました。
     これは学科で最も評価の高い授業を行った教員が受賞するもので、2016年度から始まった制度です。
     将来を見据えた内容でメリハリがあり、丁寧に作られたスライドで理解しやすいことが特徴の授業です。
     (クリックで工学部Webサイト掲載の紹介ページ)
    ・2013年7月13日と2015年3月3日放送のMBCニューズナウと、2015年12月6日放送のANNスーパーJ
     チャンネルにて、金ナノ粒子を用いるウィルスの超高感度検出について紹介されました。
     (画像クリックでYouTubeまたはメディアプレイヤーで視聴できます)

    2013年7月13日放送 MBCニューズナウ    2015年3月3日放送  MBCニューズナウ
    「唾液でウイルス検出」               「技術紹介」


    2015年12月6日放送 ANNスーパーJチャンネル
    ・2017年 1月19日(木)肥後先生の九州分析化学会賞が読売新聞26面にて紹介されました。

    (クリックで拡大)工学部トピックスへ 

    ・2016年11月18日(金)長年の日本分析化学会九州支部への貢献と教育および研究の業績を認められ、
     以下のタイトルで九州分析化学会賞を受賞しました。
     「金属薄膜の形態制御と分析化学における利用に関する研究」

    ↑クリックで拡大
     鹿児島大学トピックス  工学部トピックス

    ・2015年10月26日(月)の読売新聞に日本化学会九州支部幹事会の告知と共に研究内容について
     掲載されました。(クリックで拡大)
    満塩 勝 助教
    ・2015年3月31日に田中貴金属「第16回 貴金属に関わる研究助成金制度 」において、
     以下のタイトルでMMS賞を受賞しました。
     「分子選択性を持つテフロン被覆金蒸着ガラス棒SPRセンサー」


サイト内検索


  • 南窓舎密会 鹿児島大学工学部応用科学工学科同窓会
  • 鹿児島大学工学部同窓会

  • 南窓舎密会 鹿児島大学工学部応用科学工学科同窓会