目次


本文

学科概要

設立の経緯

化学生命工学科は、応用化学工学科の応用化学コースと生体工学科の生体機能材料コースが統合され、
平成21年度に誕生した学科です。これまで分散していた化学を基盤とする教員を、物質化学、環境化学、
生命・生体化学を対象とする教育・研究組織に再編し、活動を強化しました。

設立の経緯

アドミッションポリシー

化学生命工学科は、化学の知識を役立てることにより、地球環境や生命との調和を図りつつ、
人類社会の持続的発展に寄与できる人材の育成をめざしています。
このため本学科では、特に化学・生物・物理についての十分な学力を有し、勉学意欲があり、
広範な視野と柔軟性を備え、積極性に富む次のような学生の入学を希望します。
(1) 新物質や機能材料の創製に意欲のある人
(2) バイオテクノロジーに興味をもち、医薬や医用材料の創製に意欲のある人
(3) 分析や化学計測に関心をもつ人
(4) 環境保全やエネルギーなどに興味をもつ人


コース制度に基づく教育カリキュラムの編成

本学科は、下記のように、応用化学・環境工学の分野を学ぶ「物質環境化学コース」と、生命化学・製薬工学を学ぶ「生体化学コース」の2つの教育カリキュラムを編成しています。「物質環境化学コース」では、化学についての基本的な知識を有し、有用物質の創造や計測、環境分析や環境保全の技術開発に携わる人材を輩出すべく、教育を行います。「生体化学コース」では、生体分子や細胞の高度な機能を学び、生体を生物化学的に評価し、保護していく立場から、遺伝子組み換え医薬などに携わる人材を輩出すべく、教育を行います。このような人材育成を目的として、下記のような教育システムで学科の運営を行います。

コース制度に基づく教育カリキュラムの編成

鹿児島大学工学部化学生命工学科 沿革

1945.4 鹿児島県立工業専門学校「化学工業科」設置
1949.2 鹿児島県立大学工学部「応用化学科」と改称
1955.7 国立大学鹿児島大学工学部に移管
1959.4 鹿児島大学工学専攻科「応用化学専攻」設置
1964.4 「化学工学科」設置
1968.4 鹿児島大学大学院工学研究科(修士課程)「応用化学専攻、化学工学専攻」設置
1991.4 「応用化学科」・「化学工学科」を「応用化学工学科」に改組
1994.4 工学研究科修士課程を博士前期課程に改組、博士後期課程「物質生産工学専攻」設置
1997.4 「生体工学科」設置
1998.4 工学研究科を鹿児島大学大学院理工学研究科に改称
2001.4 理工学研究科博士前期課程「生体工学専攻」設置
2002.4 理工学研究科に独立専攻として博士前期課程及び博士後期課程に 「ナノ構造先端材料工学専攻」設置
2009.4 「応用化学工学科」「生体工学科(生体機能材料コース)」を「化学生命工学科」「環境化学プロセス工学科」に改組、「応用化学工学専攻」「生体工学専攻(生体機能材料コース)」を「化学生命工学・化学工学専攻」に改組