業績
2024年
論文
S. Mizuta*, M. Tabira, N. Shichiro, T. Yamaguchi, J. Ishihara, T. Ishikawa*, Reaction Mechanism and Origin of Stereoselectivity in the Fluorination and Trifluoromethylthiolation of 2-Bromoamides with AgF and AgSCF3, Eur. J. Org. Chem., 27 (2024) e202301100 (DOI: 10.1002/ejoc.202301100)
発表・講演
令和5年度鹿児島大学医・理工連携研究教育事業研究報告会(2024年1月22日, ヒトレトロウイルス学共同研究センター) SARS-CoV-2 RBDとhuman ACE2の相互作用解析, ○石川岳志 (口頭発表, 学内限定, 日本語)
新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会 コンピュータケミストリ分科会 講演会(2024年1月12日、東京) 量子化学計算に基づくタンパク間相互作用解析法「VIINEC」の開発と応用, ○石川岳志 (口頭発表, 依頼講演, 日本語)
2023年
論文
T. Toyomoto, K. Ono, T. Shiba, K. Momitani, T. Zhang, H. Tsutsuki, T. Ishikawa, K. Hoso, K. Hamada, A. Rahman, L. Wen, K. Yamamoto, M. Matsuoka, K. Hanaoka, T. Niidome, T. Akaike, T. Sawa*, Alkyl Gallates Inhibit Serine O-Acetyltransferase in Bacteria and Enhance Susceptibility of Drug-Resistant Gram-Negative Bacteria to Antibiotics, Frontiers in Microbiology, 14 (2023) 1276447 (DOI: 10.3389/fmicb.2023.1276447)
W. Imamura, T. Yamasaki, H. Kato, T. Ishikawa*, Insights into the molecular interaction of cyclodextran with a guest molecule: A computational study, Carbohydrate Polymers, 301A (2023) 120315 (DOI: 10.1016/j.carbpol.2022.120315)
発表・講演
International Symposium on Chemical Engineering 2023(ISChE2023)(2023年12月1-2日、韓国慶州), Effect of hydrophobic groups incorporated into gelatin hydrogel as drug carriers on release behavior of hydrophobic medicines 〇Takanori Matsumoto, Takeshi Ishikawa, Hayato Takase, Masahiro Yoshida, Takayuki Takei (口頭発表, 国際学会, 英語)
NDSU-KU 8th Annual Symposium (November 6-7, 2023, Kagoshima, Japan) Development of a protein-ligand docking method based on molecular dynamics simulation and its application to anti-prion compounds, ○T. Ishikawa, (口頭発表, 国際学会, 英語)
CBI学会2023年大会(2023年10月23日〜10月26日、東京) Conformational behavior, dynamics, and affinity of A18-modified aptamers toward human Immunoglobulin G, 〇Ozora Kudo, Akari Endo, Masahiro Sekiguchi, Azumi ito, Takeshi Ishikawa, Taiichi Sakamoto, Kenji Yamagishi (ポスター発表, 国内学会, 英語)
HIGO最先端研究セミナー(リエゾンラボ研究会)(2023年10月11日、熊本) Drug Discovery Using Computational Chemistry: Method Development and Applications, 〇Takeshi Ishikawa (依頼講演, セミナー, 英語)
第70回日本ウイルス学会学術集会(2023年9月26-28日、仙台), フニンウイルスNPエキソヌクレアーゼ活性部位のウイルス増殖における役割解明, 〇宮崎あんず、石川岳志、高松由基、浦田秀造 (ポスター発表, 国内学会, 日本語)
2023年度日本生化学会関東支部例会(2023年6月10日、山梨) 抗体に結合するaptamerの改変体の結合能の解析, ○遠藤朱梨,伊藤愛純,関口真裕,阪本智樹,片平正人,永田崇,石川岳志,山岸賢司,坂本泰一 (ポスター発表, 国内学会, 日本語)
日本薬学会第143年会(2023年3月25-28日、札幌) 求核的トリフルオロメチルチオ化試薬を用いたα-SCF3化アミド類の合成法の開発, ○水田賢志、田平将大、森井優樹、石原淳、石川岳志 (ポスター発表, 国内学会, 日本語)
日本化学会第103春季年会(2023年3月22-25日、東京), アジリジノン中間体を経由するフッ化銀を用いたフッ化アミド類の合成法の開発, ○水田賢志、田平将大、石川岳志 (ポスター発表, 国内学会, 日本語)
PARKS起業活動支援プログラム・Demo Day (2023年3月21日, 天神スカイホール・福岡), バイオ医薬品開発の効率化を実現する生体分子量子化学計算プログラム「PAICS」, ○石川岳志, 志々目裕太 (口頭発表, 日本語)
第16回桜ケ丘基礎系発表会 (2023年3月2日, 鹿児島大学・鶴陵会館), SARS-CoV-2治療薬をめざした インシリコ創薬 ○須藤正幸, 近藤智子, 石川岳志 (ポスター発表, 学内限定, 日本語)
令和4年度鹿児島大学医・理工連携研究教育事業研究報告会 (2023年2月7日, オンライン開催) デジタル創薬基盤の構築とSARS-CoV-2メインプロテアーゼ阻害薬の開発への応用, ○石川岳志, 松本健司, 須藤正幸 (口頭発表, 学内限定, 日本語)
KADAI STARTER‘S PITCH(KSP) (2023年1月20日, 鹿児島大学) 抗体医薬品開発を効率化する生体分子量子化学計算プログラム「PAICS」, ○石川岳志 (口頭発表, 学内限定, 日本語)
その他
タンパク質の構造解析手法とIn silicoスクリーニングへの応用事例, 生体分子シミュレーションによる核酸医薬品開発への展開(第6章第8節), 山岸賢司, 石川岳志, 技術情報協会
PCT/JP2023/030775(2023年8月25日),「分子間相互作用解析装置、分子間相互作用解析方法」, 石川岳志
特願2023-25282(2023年2月21日),「分子間相互作用解析装置、分子間相互作用解析法及びプログラム」, 石川岳志
2017年以前
個人業績 を参照